猫の妖怪というのは大きく分けて四つあります。
 1 もともとそういう種類。
 2 恩や恨みを晴らすために。
 3 年を経て。
 4 呪いをかけられて。

 
 1 もともとそういう種類。
 生まれながらの妖怪です。もともとそういう種類で、化ける。具体的な特徴としては白猫であったり、尻尾が長い猫が化けるといいました。
 名前のあるものとしては
 カブソ
 石川県鹿島郡に伝わる。水の中に住む妖怪。子猫の姿をしていて、尾の先の方が太くなっている。美女に化けたり、人に幻を見せる。
 ちなみに川にいる猫の妖怪というのは、川猫と呼ばれたりしますが、カワウソのようです。

2 恩や恨みを晴らすために。
 恩や恨みというのは、お世話になっているお寺に恩返しをしたい。殺された主人の敵を討つため
 これが一般的な猫の妖怪になるのではないでしょうか。歌舞伎や講談に出るタイプのものですね。
 有名なのは鍋島の猫騒動に出てくる化け猫でしょうか。
 これは主君によって殺された近習の母が、恨みを込めて亡くなり、その血をすすった猫が化け猫となり復讐を始めるという話です。
 勿論作り事なわけですが、イメージの蓄積が強く、実際鍋島の方にいって、化け猫の話をする方が多いようで、特に地元だと不愉快に思われる方もいらっしゃるそうなので気をつけましょう。
 猫の恩返しの方ですが、お寺で飼われている猫が、葬列を襲うので、和尚さんが鎮めてみせて、法力があるお寺と評判になり繁盛するというものが多いです。火車や葬祭化け物などと呼ばれます。

 3 年を経て。
 これは猫だけでなく様々な生き物、生きてすらいないものでも言われる事ですが、長く生きてしまうと違う存在になってしまうということです。
 物が時代を経て変化したものは付喪神(つくもがみ)と呼ばれることが多いです。生き物に関しては経立(ふったち)と呼ばれ、犬や猿の経立が恐ろしいものとされます。
 ただ、猫に関しては、十年で尾が分かれ、猫又になるとされました。猫又そのもは平安時代の頃から伝わっている話です。
 ちなみに当時の猫又は山の中にいるものが多いイメージです。
 中国の伝承では金華猫というものがあり、浙江省金華地方の猫は、人家で三年飼われると怪をなすといわれました。

 4 呪いをかけられて。
 蠱毒というものがあります。一つの瓶に多くの毒虫や蛇などを入れ、生き残った一匹を使い呪いを行うものです。同じように多くの猫を殺し、呪いの道具とした物を猫鬼と呼びます。猫鬼はとりついた人間の取り殺すと共に、その財貨を呪術を行っているもののところに運ぶといいます。