廣文庫によると、安宅丸は徳川家光公の時代に作られた八龍頭作りの大船である。将軍のみならず、諸大名がそろって品川沖で、その偉容を見るなどした。しかし、その巨大さから、動かすにも手間がかかり、そのまま停留された。その維持するための停留費用も膨大ということで解体されることになった。

 嬉遊笑覧によると、廃船が決まった安宅丸を船蔵につないでおいたところ声がするようになった。しわがれ声をあげ、伊豆へ行くと何度も叫んだ。伊豆は安宅丸の作られた木材の産地だという。その後、数百人の大工や人足で三十日かけて船を壊したが、その間も夜になる度に、安宅丸の叫び声が響いたという。

 また、廣文庫に戻るが、その解体された木材を使ってふたをつくった店があった。すると、そこの女中が狂い、尋ねると安宅丸の魂だと名乗った。
 このような目にあい、とりころすと告げた。主は慌てて、詫びるなどし、蔵を作りかえるなどした。

 そのような話は信実かわわからないが、東京の江戸川区にある妙泉寺には『あたけ丸 稲荷堂』が残る。 
 この稲荷堂(八角堂)には、安宅丸御霊稲荷大明神が祀られている。
 これは徳川三代将軍家光が建造した御座船・安宅丸に勧請した船玉(ふなだま)で、同船が取り払いになった際、当寺がゆずり受けたものだという。

画像