木下藤吉が、大沢主水と槍合わせしたが、主水は目がくらんでうつ伏したという。また筑前守の時に、志豆が嶽にて佐久間玄蕃允を睨むと、人馬ともにまばゆく、後ずさりしたという。その目の光は閃々として人を射るようだったという。