魚の骨がのどの刺さったときには、象牙の付け根で喉をなでるととれるという。とれたときには、撫で終わりの呪文として、「ナデサレ、ナデサレ」という。