ある時、山から落ちてきた石によって、百姓が進めなくて困っていた。その時、通りかかった武者が、鉞で岩を真っ二つにして、道を開いた。その武者は坂田金時であったという。