南境に犬神がいて、北境に人狐がいた。それをつかうものたちは愚民をまどわしたり、おのれの利をむさぼるものがいれば正したという。