話者の父はよく働く人だった。あるとき、時間を忘れて働き、気づくと夜8時ごろになっていた。畑から帰る途中、海岸付近で、豚の子のようなものを見た。それは先を歩いていて、そのまま海へはいっていったという。